ドロンタールプラス サナダムシ駆除

ドロンタールプラスでサナダムシの駆除(30代/女性)

ミニチュダックスを飼っています。
拾い食いの癖があり、落ち葉など目についたものは食べてしまいます。落ち葉の裏にはノミなどの虫がついてたりするので注意はしていますが、私が気づくより早く1つ2つあっという間に食べてしまいます。
そのせいかサナダムシが出たことがあります。

 

落ち葉を食べると便に出てくるので、落ち葉が混ざった便は硬くてパサパサしてることが多いのですが、その頃ちょっとゆるい便が続いていました。お尻も気にしていました。痒いのかシッポを追いかけて肛門を舐めようとしています。胴が長いのでなかなか届かないのですが・・。
そしてお腹に耳を近づけるとキュルキュルと音がします。
おかしいなと思って様子を見ていたら、ある日の朝、便に米粒のようなものが2、3個ついていました。
サナダムシのことは知識として知っていて米粒のような見かけだと聞いたことがあるので、サナダムシかな?と思いました。でももう少し様子を見ようと思い、夕方、また便に白い透明に近い米粒のようなものが朝より多くついてました。手で中を割ってみると中にもあります。

 

すぐにその便を持って動物病院に行きました。
サナダムシで間違いないとのことでした。サナダムシは肉眼で見えるので飼い主が気づくのが一番早いそうです。「米粒が動くから気づく」こともあるそうですが、私が発見した時は動いていませんでした。

 

処置としては、駆虫剤として「ドロンタールプラス」を3日分処方されました。
飲んで1日目。薬の影響か少し体調が悪いようでクプクプして吐きました。あとで聞くと、ドロンタールは少し強めの薬のようです。
2日目に再度病院へ行き、吐いたことを相談すると、吐き気止めも処方されました。
3日目は吐き気も収まったようで、便もコロコロでいい状態になりました。

 

しかし3日で駆除が終わったわけではなく、数週間後にもう一度薬を飲ませてから駆虫完了とのことで、もう一度飲ませました。

 

駆虫はしないといけませんが、薬で体調が悪くなるのは可哀想でした。
ノミなど感染源の虫を身体に入れないよう予防が一番大切だと気づかされました。拾い食いさせないことや、服を着せて虫を体につけないこと、そしてノミダニ予防のスポット式の薬マイフリーガードを通年つけることにして、予防しています。